里親Q&A

里親になるために資格は必要ですか?

里親になるために資格は必要ですか?

 里親の要件としては、次のようなものがあります。

 

  1. 子どもの養育に理解があり、子どもに対する豊かな愛情を有していること
  2. 経済的に困窮していないこと
  3. 研修を修了していること
  4. 欠格事由に該当していないこと

 このほか、子どもが生活する部屋や空間がきちんと用意されていること、養育される方が健康であることなど、子どもがスムーズに生活できる環境が望まれます。


里親と養子縁組とは違うものですか?

 養子縁組は、民法に基づいて法的な親子関係を成立させる制度のため、養親が子どもの親権者になります。一方で、里親は、実の親御さんから一時的に子どもを預かるものであり、親子関係はありません。

 ただし、将来的な養子縁組を希望する「養子縁組里親」という形もあります。

 

⇒ 日本財団「養子縁組と里親制度の違い」

里親と養子縁組とは違うものですか?

里親になるにはどうしたらいいですか?

 次のようなステップを経て、里親として登録されます。 

 

  1. 里親についての問い合わせをし、制度の説明を受ける。
  2. 複数回の面接で、里親になりたいと思った動機、家庭や世帯の状況などを伝える。
  3. 研修を受講する(座学・実習)。
  4. 県の審査会で審議される。
  5. 里親として登録される。

 まずは、れりーふ又はお近くの児童相談所に、お気軽にお問い合わせください。

 

⇒ 山口県こども家庭課「子育て支援窓口一覧」


共働きでも里親になれますか?

 里親になることはできます。保育所や放課後児童クラブの利用も可能です。

 

 あらかじめ、子どもを迎え入れた後の生活イメージを持っておくことが重要です。

 また、生活や勤務のスタイルを関係機関と共有しておくことで、適切なマッチングにつながります。

 

共働きでも里親になれますか?

実の子どもがいても里親になれますか?

実の子どもがいても里親になれますか?

 里親になることはできます。共同生活を送ることになるため、家族の中で、里親になることについての共通理解を持つことが望まれます。


養育費はどうなりますか?

 子どもの生活費や教育費は、公費で負担します。

 支給できる範囲や、金額の上限がありますので、疑問に思ったときは相談してください。

 

ダウンロード
里親委託にあたって支給される措置費(令和2年度).pdf
PDFファイル 378.5 KB
養育費はどうなりますか?

子どもを預かることに不安があります

子どもを預かることに不安があります

 実際に子どもを預かる前に、里親さん・子どものお互いの不安を取り除くために、面会や外出、外泊などの交流が行われることが一般的です。

 

 また、れりーふをはじめとして、児童相談所や児童養護施設、里親同士の互助組織である「里親会」など、里親さんをサポートする存在が沢山あります。抱え込まないよう、孤立しないよう、気軽に相談いただき、一緒に子どもを支えていきましょう。


里親が育てる。社会が支える。